悔いと妊娠線は残さない【しっかりケアしナイト】

女性

専門医の診断に任せる

女性

アトピー肌の人はアレルギー反応があるため、自己診断が一番危険です。自己診断で化粧品を使う事で更に悪化してしまいます。使っている化粧品で痒みやかぶれなどの症状があるときは必ず専門医に診断してもらうことが大切です。

» 詳細へ

膨らみによる皮膚の裂け目

出産後に妊娠線が出ないように、正しいケアを行いましょう。摂取したい栄養や有効なケア方法を紹介しているのがこちら!

原因と予防方法

妊婦

お腹の皮膚には高い弾力があるので、内臓脂肪や皮下脂肪が増えたとしても、基本的にははち切れることがありません。しかし妊娠すると、赤ちゃんの成長によって数ヶ月という比較的短い期間で、一気にお腹が膨らんでいきます。そのため皮膚はそれに順応できず、表面が裂けてしまうことがあります。線状に裂けていくことから、この裂け目は妊娠線と呼ばれています。皮膚の弾力ではカバーしきれないほどお腹が膨らむことが原因ですから、逆に言えば弾力をアップさせれば、妊娠線はできないということです。そしてそのためには、弾性線維のエラスチンやコラーゲンの配合されている基礎化粧品の使用が有効です。皮膚の弾性線維が増えれば増えるほど弾力はアップし、ゴムのように伸びるようになるのです。

悩む人の増加

ダイエットがブームとなっている近年では、体重が標準よりも少ない、細身の人が増えてきています。細いということは、それだけお腹の面積が小さいということですから、膨らむことによる皮膚の負担は、その分大きくなります。そのため現在は、妊娠線に悩む女性が非常に多くなっています。妊娠線ができるだけでなく、出産後にお腹の皮膚が全体的にたるんでしまうこともあります。まるで空気の抜けたゴムボールのような状態になるので、そのことで悩む女性も多くいます。そのため先述した弾性線維を増やすことのできる基礎化粧品の需要は、高まっていくと考えられています。妊娠線もたるみも、一度できてしまうと解消することは容易ではありません。だからこそ多くの人が、予防に努めるようになっているのです。

自分の肌に合う化粧品選び

女性

肌の老化は防いでいきたいと心得ている女性は多いかとされますが、それにはしわ対策に効果的な美容液を使用することが大事と言えます。一度しわができますと、修復が困難ですから未然に防いでいくことで肌の老化をとめられます。

» 詳細へ

ビタミンC誘導体の化粧品

女性

ビタミンC化粧品には、ビタミンCの分子を安定化させたビタミンC誘導体が配合されている。ビタミンC化粧品はシミやシワなどを防いで、美白ケアに大いに貢献する。ビタミンC化粧品は紫外線対策も可能であるので、日焼け止めとしても使用できる。

» 詳細へ